ページのトップ

聖書をすべての言語に!

日本ウィクリフ聖書翻訳協会(Wycliffe Bible Translators Japan

ようこそ日本ウィクリフの WEB サイトへ

私たちは聖書翻訳、学術、識字教育などを通して、すべての人々が、自分の言葉で神のことばである聖書を読めるようになることを目指します。 そして今、ビジョン2025を掲げ、 さらなる聖書翻訳宣教のスピードアップを目指しています。

聖書翻訳の現状について

636言語:聖書全巻がある聖書全巻がある

1442言語:新約聖書はある新約聖書はある

1145言語:分冊・聖書物語はある分冊・聖書物語はある

2422言語:聖書翻訳プロジェクトが進行中聖書翻訳プロジェクトが進行中

1700-1800言語:聖書翻訳プロジェクトを始める必要があると思われる聖書翻訳プロジェクトを始める必要があると思われる

(2016年世界ウィクリフ同盟発表)

ウィクリフの働きは?

「神の言葉を、すべての民族に、それぞれの母語で提供しようと努力している点で、ウィクリフ聖書翻訳協会は驚くほど正しいといえる」
J・I・パッカー博士
(カナダ・バンクーバー、リージェント・カレッジ、神学者、文筆家)

「神の言葉を人々の母語に!この重要性を見据えたことで、ウィクリフは半世紀以上にわたって着実な指導力を発揮してきた」
故 ラルフ・D・ウィンター博士
(米国カリフォルニア州、世界宣教米国センター元総裁)

「私はためらいなくウィクリフ聖書翻訳協会の働きを推薦します。神の言葉がもつ重要性はいくら強調しても足りません」
チャールズ・R・スウィンドル博士
(米国テキサス州、ダラス神学校元学長)

「過去半世紀で最も意義のある出来事のひとつは聖書翻訳の爆発的進展です」
ビリー・グラハム博士
(国際ウィクリフ50周年記念式講演)


『神さまに こづかれて』発売中!

『神さまに こづかれて』

南米でカネラ語新約聖書の翻訳者として奉仕し、その後、カナダ・ウィクリフとカリブ海地区のウィクリフの総主事を歴任したジャック・ポプジェス師の豊富な経験をもとに、異文化宣教や聖書翻訳宣教について様々な視点から書かれたエッセイ集です。 (出版物のページへ。)


Newお知らせ

2016年11月末に開催されました日本ウィクリフの総会と委員会をもって、土井彰総主事は4期の務めを満了して退任し、2017年6月の臨時総会まで福田崇が総主事代行となりました。


異文化宣教セミナー2017!

異文化宣教セミナー2011でのひとこま

海外での生活を考えている人、国内で異文化出身の人と接する機会のある人、そして宣教師になることを祈っている人にお勧めの セミナーです。 「未知の言語をテキストも辞書も無しにどうやって習得するか」、「異文化の中でうまくコミュニケーションをとるにはどうしたらいいのか」、 そんな疑問をお持ちの方、是非ご参加下さい!


→→ ここをクリックでちょこっとミッションの記事へ

『聖書ほんやく』誌に掲載した子ども向けコーナー「ちょこっとミッション」の記事をアップしました。

 このページの 先頭 へ