第5回パプアニューギニア宣教地体験旅行

はじめに

関連写真 今年は第5回目のツアーだった。読者のみなさんには、間接的ではあるが、 これから1時間ほどパプアニューギニアへの旅に出かけていただこうと思う。 部屋の灯りを全て消し、懐中電灯か、ろうそくで照らしながら、 この旅行記を読んでいただけるとうれしい。(ちょっと不気味なんて言っているのは誰?)参加者の心に触れてくださり、感じる心を、そして気づく心をお与えくださった神さまに感謝。 


体験ツアー日誌、永井敏夫

成田に早めに着いて、参加者を待つ。堺福音の三人と片柳師を知る以外に、誰の顔もわからず。椅子に座ってあたりを見ながら、「あの人だろうか?」と、それらしき人を捜す。なんと隣に、増田さん、吉田さんが座っていた...

視点を変えられて、森島秀喜

「創造」とは何と素晴らしい神様の御業だろうか!?このツアーで僕はたくさんの事を人、出来事を通して神様は教えて下さいました。しかし、僕の場合はこのツアーだけ特別に教えられたのではなく、この夏全体のプログラムを通して大きな事を教えて下さいました...

百聞は一見にしかず、片柳百合子

「宣教地体験学習旅行の人たちと一緒にパプアニューギニアに行って、私はウカルンパにいる千代子宣教師の所に2週間滞在し、帰りはまた一緒に帰ってきたい」と、考えていました。そのことを日本ウィクリフ総主事の福田師に話すと、「村に入らなければ、橋本宣教師の本当の働きは全然分からないよ!」と、言われました...

主にある勇気を与えられた旅、増田満喜子

人一倍臆病で、心配性の私がパプアニューギニアの宣教地体験学習ツアーに参加を申し込んだのは、ただ主の導きによるものでした。宣教の多様性と、宣教師の働きを知り、体験したいという願いと、「召命を与えて下さい」という祈りを持ってパプアニューギニアに向かいました...

たくさんの恵み、浅野千恵

初めての外国、しかも、パプアニューギニア・・・行きたいけど、体力に自信がない、生きて帰って来れるかな・・・神様はどう思ってるのかなあ…?祈り、聖書を読んでいると、「あなたの天幕の場所を広げ・・・イザヤ54:2」と「見よ、わたしは新しい事をする。イザヤ43:19」という御言葉がせまってきました...

神さま感謝です 、井原愛

私はパプアニューギニアに行けたことに感謝しています。2週間というわずかな期間でしたが様々なことを感じ、また教えられました。行く前は本当に不安で、何をするか、どんなことが待ち受けているだろうと、期待もありましたが、正直不安の方が大きかったです...

新しい視点、中山聖一郎

この夏パプアニューギニアに行く前に、与えられた御言葉です。これから先どのような家を建てていけばいいだろう、そんなことを考え、神様がこの2週間の中で見せてくださるものに期待して臨んだ旅行でした...

本当に大切なもの 、石渡庭子

パプアニューギニアへ行くと決めたのが、ゴールデンウイークの最後の日だった様に思います。それから会社で休暇をもらい、私が不在の間の準備をせわしくしているうちに、7月12日を迎えてしまいました...

パプアニューギニアで考えさせられたこと、園信吾

今回、宣教師の生活を初めて実際に現地で見る機会を得ました。今まで宣教師たちの報告会に何度か参加したことはありますが、福音を伝える働きに力点がおかれるせいか、宣教師たちの生活がどんなものかはあまり考えたことはありませんでした...

神さまに教えられて、吉田愛子

宣教師の働きの実際を見たい、宣教地を五感で感じたいと思いこの旅行に申し込んだ私に、神様は期待以上のものを教えてくださいました。特に印象の深い3点について述べさせていただきたいと思います...