ビジョン2025

はじめに

ここにはビジョン2025に関するドキュメントが収められています。

一覧

ビジョン2025、福田崇

1999年の国際総会において、「ビジョン2025」が採択されました。今までの聖書翻訳の働きは、1900年までで約500言語、20世紀の間に約1700言語がなされました。合わせて2200言語です...

世界のクリスチャンへのチャレンジ、ジョン・ウォーターズ、2000.6

聖書翻訳は宣教命令を果たしていく中で、いつでも宣教の兄弟のようでした。それは人々が理解できる母語で聖書を読むことなしに、真の意味において伝道、弟子訓練、教会形成がなされないからです。ガンビア出身のイエール大学で教える歴史学者のラミン・サネー教授は次のように述べています...

ヴィジョン2025の達成の道筋、福田崇

国際総会で、ウィクリフはヴィジョン2025を採択しました。いくつかの基本的な事項が確認されました。ウィクリフだけが聖書翻訳をしているのではないことは自明のことですが、今まで以上に聖書協会や各種の聖書翻訳団体、宣教団体で聖書翻訳プロジェクトをかかえている団体などとの協力関係を強化します...