イベント

第6回パプアニューギニア宣教地体験学習旅行の御案内

聖書翻訳宣教の実際の働きを、自分の眼で確かめ主を信じ生かされている喜びを、 パプアニューギニアの人々と分かち合いイエス様が、私たちに何を望んでおられるかを各自で問いかける旅 になります。

訪問予定

首都のポートモレスビー、日本大使館や国際協力事業団などを訪問し、日本との関わりを学びます。 また国立博物館、国会議事堂などを訪問し、歴史や政治についても考えます ポートモレスビーから車で3時間のところにあるクワレ村に行き、 日本人宣教師の吉川啓子師と交流し、働きの様子を知ります。 また村に住む人たちと交流し、村での生活も体験します。

活動予定

  1. 聖書翻訳宣教の様子を目で確かめながら、できるお手伝いをしてみます。 前回例:車庫、家屋のコンクリート補強、蚊よけ窓網設置、識字教育教材作り
  2. 翻訳されている聖書の分冊が用いられるように村人たちを励まします。 前回例:分冊の販売など
  3. 村の学校で教え、子どもたちと交流します。 前回例:折り紙、球技、バルーンアート(動物作り)、賛美、鬼ごっこ等
  4. 村の教会の集会、礼拝での奉仕もしてみます。 前回例:メッセージ、証し、賛美など

参加資格

参加資格 中学生・高校生のキリスト者。健康で、今回の旅に興味や関心があり、全日程参加できる方。

日程

*尚、国際線の時刻は変更になることがあります。

募集人員

8名

引率

永井敏夫:前パプアニューギニア宣教師、現日本ウイクリフ事務局総主事。 第1回から5回までのパプアニューギニア宣教地体験旅行の引率者です。

渡航手続き

旅行代金

旅行代金は、6月30日(月)までに送金してください。分割払いも可能です。 参加取り止めの場合、旅行業者に送金以前でしたら、全額返金いたします。 日本国内の移動費、パスポート取得費用と予防注射費用等は、個人負担となります。

準備会

準備会が可能な場合、現地の様子の説明(ビデオ・写真)、質疑応答、祈りの時を持ちます。 参加者あての通信、名簿、しおり、出発日の案内などは、事前に郵送いたします。

変更等

天災、地変、同盟罷業、戦乱、その他の不可抗力の事由(運輸機関の状況など)により、 日程の変更を一 部変更することもあります。 切符は、ミッションズ旅行センターを代理店として手配します。中止の場合には、旅行代 金を返却します。

*旅行中は細心の注意を払って行動しますが、万一の事故などに対しては、日本ウイクリフは責任を負いかねます。 そのために、事前に同意書を提出していただいております。

申込方法

次のものを事務局まで郵送してください。 申し込み期限は2003年5月30日(金)です。

  1. 申し込み用紙(事務局までご請求ください)
  2. 申し込み金(5千円)
  3. 参加目的(400字程度)

送り先:  〒 168-0065 東京都杉並区浜田山4-31-7 日本ウイクリフ