聖書をすべての言語に!

福田崇・愛子/友子、恵子
アジア・大洋州地区ウィクリフ総主事

本人もしくは家族写真

詳細情報

近況、祈りの課題

2011年

1月1日から、国際リーダーシップ・チームの霊的大使として奉仕を始めました。また、デピュテーション(働きの報告と協力関係の再構築、宣教チャレンジ)で、日本の各地へ第四週を中心に訪問しています。関東地方は、第一週に行っております。日本の教会の祝福を祈っています。

2010年

崇の国際ウィクリフアジア大洋州地区総主事としての任期が12月末で終了します。2010年後半は、すでに後任として任命されています韓国のクォン・スンチャン師との引き継ぎが主な働きです。

2009年

昨年に続いて、異文化宣教セミナー西日本・東日本で奉仕します。両方の母が、90歳を迎えます。日々の歩みが支えられますように。

2008年

報告のため、2007年11月から2008年2月まで関東にある支援教会を訪問しています。関東以外は、2008年末を予定しています。お祈りください。

2007年

職務上のパートナーであるSILアジア地区総主事が9月に交代。8月には新総主事のケン・シュミットさん夫妻が来日し、私たち夫婦と1週間を過ごす予定。一緒に分ち合い・賛美・祈りの時を持ちます。良いスタートを切れるように。

2007年3月

健康で効果的な多文化チームの構築に向けてのチームは、昨年10月の指導者会議に報 告を提出しました。現在は、その具体化の段階に入っています。それぞれに地区(ア フリカ、アジア、大洋州など)で計画を立てつつあります。私たちの運動が主に喜ば れるやり方で進むことができるよう願っています。

また今年の6月の日本福音同盟の総会で、世界宣教の潮流から見える日本の教会の課 題と展望と題して講演します。その準備と講演の上に、日本宣教の前進に役立つこと ができますようお祈りください。

2006年6月

 11月にウィクリフ側とSIL側の国別の責任者の会議があります。そこで「健康で効 果 的な多文化チームの構築に向けて」と題する報告をします。これは過去2年間、私が 責任をおって作った10名ほどのチームが何回も集まって討議し、報告をまとめてきた ものです。世界のどの宣教団体も同じ課題を持っています。東と西、今までの伝統的 な西欧の働き人たちと、アジア、アフリカ、大洋州、中南米の働き人がどのように チームを築くかは、21世紀の世界宣教の大きな課題です。9月に報告書を最終的にま とめて、発表の準備に入ります。すべてのプロセスに主の助けがありますよう、お祈 りください。

2005年11月

崇は旅が多く、人と会ったり、いろいろな会議をしたりします。その時々に知恵が与えられ、 良い話し合い、良い決断ができるようにお祈りください。現地団体の人たちとも 良い協力関係を築き、その国のクリスチャンたちが、自分の国の言葉に聖書を翻訳し ていく事が出来ますように。

2004年12月

4月には、バーリグ語新約聖書の献書式が行われ、日本からも17名の方々が参加で きました。私たちの家族全員が、久しぶりに村に戻ることができました。新約聖書が 読まれるようにお祈りください。愛子の父が6月に帰天しました。7月に追悼礼拝を しましたが、その後も多くの方々から父によって祝福されたとの便りがあり、慰めら れています。崇の国際ウィクリフ聖書翻訳協会アジア大洋州地区総主事の奉仕も1年 を無事に過ぎました。大きな責任があります。続けてお祈りください。

2003年2月

愛子さんは、年末に右手首を骨折しました。年が明けて、今は元に戻っています。 福田さんは、月に二週間のペースで教会訪問を始め、1月に四国、2月は沖縄地域の教 会を訪問しています。良い交わりの機会となるようにお祈り下さい。愛子さんのお父さ んを、時々自宅で預かっています。福田さんが留守の間も、愛子さんが守られるよう にお祈りください。

2001年6月

* 5月末に北海道と関西、また東京でも4箇所の聖書学校・神学校での奉仕の機会が与えら感謝。礼拝の説教奉仕も多くあります。主の通りよき管として用いられますように。 * 3人の親は、80代で、それぞれに肉体の弱さを抱え、助けを必要としています。よく助けることができますように。お祈りください。 * 次女の恵子が神学校を3月に卒業し、4月からは母教会で奉仕しています。長女の友子のNGOでの働きのためにお祈り下さい。

2001年4月

ヴィジョン2025の具体化、浸透、内在化のために主の助けがあるように。 愛子の父親と母親、崇の母親の健康のために。

2000年7月

後半には、アジア会議(9月・マレーシア)、ウィクリフ総主事会議(10月・フランス)、国際理事会(11月・米国)などがあります。ヴィジョン2025の具体化、浸透、内在化のために主の助けがあるように。愛子の父親の健康のために。

母教会、支援母体

日本福音キリスト教会連合宣教教会

略歴

2011年 国際ウィクリフ リーダーシップ・チームの霊的大使に就任
2003年 国際ウィクリフ アジア大洋州地区総主事に就任(〜2010年)
1994年 日本ウィクリフ総主事に就任(〜2001年)
1990年 日本事務局での奉仕をスタート
1989年 第2期目の奉仕を終えて帰国
1983年 第2期目の奉仕をスタート
1981年 アメリカで言語学の研修
1980年 第一期目を終えて帰国、報告集会
1976年 フィリピンに着任
1973年 メキシコでフィールド訓練コース
1972年 日本ウィクリフのメンバーとなる

スナップ写真

本人もしくは家族写真

スナップ写真