聖書をすべての言語に!

兼次宏枝、日本、広報担当主事

本人もしくは家族写真

詳細情報

近況、祈りの課題

2008年5月

 2008年度も引き続き、日本ウィクリフ事務局で広報担当主事として奉仕しています。主に、「聖書ほんやく」誌の編集やパンフレット等の作成をしたり、教会等でウィクリフの働きを紹介したりしています。また、今年も3月にフィリピン体験旅行の引率をしました。百聞は一見にしかず!ウィクリフの働きを知ってもらうには、やはりこれが一番です。今年は8人の参加者と共に、フィリピンルソン島の山岳州に滞在しました。滞在中の様々なことを通して、色々なことを教えられ、互いにそれを分かち合っていく中で、本当に恵まれた時間を過ごしました。参加者達の証しを聞くたびに、私自身参加者として参加した一番初めの体験旅行のときを思い出し、胸が熱くなり、改めてウィクリフの働きの大切さを思います。

2006年6月

 2006年フィリピン体験旅行(3/15-29)は、皆様のお祈りのお陰で無事行われ、祝 福のうちに帰ってくること ができました。感謝です。旅行の間にあった様々なことを通して神さまがしてくだ さったこと、人との出会い、 神様の絶妙なご計画のうちに集められた参加者一人ひとりとの交わり。それら全てを 通して、私自身も励まさ れ、祝福されました。5月末には参加者たちの再会日が行われ、帰国後それぞれが神 さまから語られたことに応 じて、新たな一歩を踏み出したことを聞いて、さらにうれしくなりました。

 8月には、初のバヌアツ・ウリピブ宣教地体験旅行に同行する予定です。準備のた め、特に参加者と引率・同 行するスタッフ(渋沢・兼次)が霊肉共に整えられるようにお祈り下さい。ウリピブ 宣教地体験旅行を通して、 神さまがどんなことをご計画しておられるか、楽しみでワクワクしています。

2005年2月

1月18日、埼玉県朝霞市に事務所が引越し、ようやく落ち着いてきました。今 年も多くの方々の祈りに支えられて、引き続き事務局主事として奉仕させていた だいています。フィールドにいるメンバーが安心して奉仕ができるように、ま た、日本の方々にももっとウィクリフの働きを知っていただけるように、そんな 働きができればと願っています。今年は3月15日から29日まで、フィリピン宣教 地体験旅行の引率をします。参加者のお一人ひとりとって神さまとより親しい交 わりをする良い機会になりますよう、またこの旅がすべて神さまに導かれ、守ら れるようにお祈りください。

2004年3月

2003年8月にパプア・ニューギニアでの奉仕を終えて帰国し、今度は日本が私の宣教奉仕地になりました。12月から本格的に事務局主事として奉仕を始めて、主に広報や体験旅行の企画・引率等をしています。12月にはアーバナ青年宣教大会、2月にはオーランド・ツアーを引率しました。でも、目的は、子女教育をしていた時と同じ「一日も早く、世界中のすべての人が、母語の聖書を読み、主を賛美する」ことです。 初めてのことが多く試行錯誤の毎日ですが、大盤振舞の主の恵みによって、日々歩まされています。

2003年3月

ウカルンパインターナショナルスクールで、日本語を教えています。日本語母語 クラスの生徒は、福永和希さん。その他には「外国語としての日本語」クラスを担当 しています。小学校と 高校とキャンパスが異なるので、移動が大変のようです。学期末休みの年末には、久 米のぞみさんとワシラオ村に滞在しました。3月中旬から、フィリピン宣教地体験学 習旅行に参加予定です。お祈り下さい。

2001年12月

翻訳支援の働きに導かれ、今年3月からマレーシアとフィリピンで研修を受け、7月の初めに帰国しました。 この間、母教会(西上尾福音教会)を始め多くの方々に祈って支えて頂き、 共に神様に仕えていることを実感できて本当に感謝でした。 今、パプア・ニューギニアで子女教育の働きをするためにビザ申請中です。 当初の予定では既に現地にいるはずでしたが、思いがけず日本で過ごす時間を与えられています。 その中で、様々な出会いを通してたくさんの恵みを頂いていること、 特に11月11日に母教会の25周年記念会を迎え、共にこれまでの歩みを喜びをもって振り返りることができ感謝しています。

2001年6月

* マレーシアでの異文化コミュニケーショントレーニングを終え、現在マレーシア・ウィクリフの事務所でお手伝いしています。英語が上達し、良い奉仕が出来るようにお祈りください。 * 6月には、フィリピンのミンダナオ島でオリエンテーションコースです。健康が祝され、一つ一つの奉仕・訓練が祝されますように。 * 祈り、支えてくださる母教会の人々に主の助けがあり、また諸教会からも祈り、支える方々が与えられますように。 * この10月から2年間、パプアニューギニアで日本語教師として奉仕することになりました。ビザの手続きなど守られますように。 * 日本にいる両親のため、特にお父様の救いのために。

2001年4月

マレーシアでの異文化宣教の学び、フィリピンでのオリエンテーション、ダーウインでの研修を経て、7月には帰国です。 9月末の出発を目指して、ビザの申請などの作業に入ります。 その間、日本ウィクリフの夏のコースで奉仕したり、教会を訪問したりします。

母教会、支援母体

日本福音キリスト教会連合西上尾福音教会

略歴

2001年7月 帰国
2001年1月 日本ウィクリフのメンバーとなる、マレーシアで訓練開始

スナップ写真

スナップ写真

スナップ写真